×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スポンサード リンク

かかとが痛い(子どもの)原因を探って見つける解決法

かかとが痛い原因;(子どもの場合)10歳z千五の成長期の子供に見られるかかとが痛いという症状の病気で踵骨骨端炎(シーバー病)というのがあります。急激な骨の成長に対して筋肉の成長が追い付かず、筋肉が硬くなる病気で、運動時にかかとの部位が痛いと感じることがあります。また、激しい運動によりアキレスけんを痛めたり、合わない靴で激しい運動をすることでアキレス腱を痛め、固くなって、かかとが痛いと感じることがあります。そのうち、びっこを引くようになってきます。かかとが痛い解決策→成長期には過度な運動を連続して行うのでなく、適度に体を休ませること、また運動の前後にはストレッチを入念に行うこと。靴選びには十分に留意して、足に合った物を選ぶこと。成長期は足のサイズも大きくなるのが速かったりするのでかかとが痛いと感じる前に、靴の買い替えを。

かかとが痛い原因を探って見つける解決法

かかとが痛い原因2;歩き方―足の指を上げて歩く癖のある人はかかと側に体重が集中するため、負荷がかかり過ぎてかかとが痛い感じるようになる場合があります。かかとが痛い解決策→歩き方、足の地への置き方などをチェックしてみて歩き方を矯正しましょう。かかとが痛い原因3;(妊娠中)妊婦さんがかかとが痛いと感じるのは、体重が急激に増えたために、足に負担がかかり、かかとが痛いと感じるようになったか、もしくは、骨盤がゆるみ、坐骨神経が圧迫されたためにかかとがしびれを感じたり痛いと感じるか。かかとか痛い解決法→産後自然に治っていくので、無理して歩いたりしないようにしましょう。かかとが痛い原因4; 靴が合っていない→合った靴をはくようにしましょう。

スポンサード リンク

かかとが痛いー靴の選び方

かかとが痛いなどの足の痛みは、靴が自分に合っていない場合もあります。かかとが痛いと思ったら、足の形をチェックしてみましょう。
土ふまずの部分のアーチ形が異常に高くハイアーチになっている状態は足の形が変形しています。窮屈だったり、サイズがあってない、高さが高いなど様々な要因によりかかとが痛いと感じる可能性があります。靴のかかとがすり減っていて、靴の向きが内側か外側に傾いているとアキレス腱に負担がかかり、かかとが痛いと感じます。また、靴による圧迫と長時間仕事で立っているなどの原因で足の裏のかかとに近い当たりが痛いと感じる場合もあります。かかとが痛い(靴)の解決策→靴の先端は先が丸い形状でつま先と靴の間に適度なゆとりがあること。土ふまずのあたる部分のそこは比較的厚く、適度な硬さを持っていること。足指の関節部位に一致する場所は足周りよりも余裕があるサイズのもの。

Copyright © 2008 かかとが痛い!の原因を探って、解決するためのお助けサイト